ホリデイ・トレッキング・クラブ
活動レポート

2018.12.23
 矢作川河川敷と乗馬の魅力プロジェクト

~くるまの街で馬に乗る!~

千石公園で、豊田市の乗馬クラブ「エルミオーレ豊田」主催で、乗馬の魅力を発信するイベントが行われました。馬が空を舞うデモンストレーションや、乗馬体験、餌やり体験など、多くの人が馬と触れ合いました。普段の見慣れた矢作川河川敷がまったく別に見える貴重な体験となりました。



この社会実験は、勘八に乗馬クラブを構える有限会社エルミーレさんからのご提案で実施したもの。エルミオーレの桑原社長によると、このような機会を中心市街地に近いところで実施することに可能性を感じる、とのこと。実際朝からはじまった乗馬体験はあっという間に整理券がなくなってしまうほどの活況でした。
運営にあたっては、馬糞の処理を人力で丁寧にやったり、スタッフも大量に配置したりとかなり苦労が多い様子でしたが、またチャレンジをされたいとのことで、民間事業者と公共空間とユーザーのあいだで三方よしの関係が結べていたことが印象的でした。
次回実施も決まっているようで、今後の展開が楽しみです。